Make your own free website on Tripod.com
第6章 深まる不信感
 
 

アムウェイとは、いったい何のでしょう?                       
              

私たち夫婦にとって、最初は、夫婦で行う一つの趣味に近い位置づけだったと思います。しか
し私が疑問を持った瞬間から、喧嘩の原因となって行きました。

調べれば調べる程、おかしい事が増え、何とかアムウェイの良い点を探そうとするのですが、
どうしても見出せないのです。これには困りました、夫婦の関係を元に戻したいのです。でも
妻が真剣になって行っていこうしていることを、認めることが出来なくなっていくのです。

アムウェイをやっている人たちは、やり方によってアムウェイはどのようにでも変わる、だか
ら、問題を起こすのは、一部であって、その人達のやり方が悪いという訳です。事実、私も当
初はそのように考えており、妻とも、「無茶なやり方は止めよう、自然に広がるネットワーク
が出来たらいいね」と話していたのです。

しかし、アムウェイという会社、システムに欠陥があるとすれば、それならやり方に関わらず
問題を起こす事になります。やり方ではなく、アムウェイそのものがおかしいのでは?

私たち夫婦も別に特別な事をしていた訳ではないです。普通にミーティングに出席し、アムウ
ェイ内部で言われている普通のやり方を自分たちの出来る範囲で行っていたにすぎません。無
理な勧誘もしてませんでしたし、無理な買い込みをした事もないです。それでも、アムウェイ
が原因で言い争いを行うようになり、互いに気を使いおかしくなってしまうのですよ。

そこで当然の結末かもしれませんが、互いに不信感がでてきまして、どうもしっくりこなくな
っていきました。私は、アムウェイに対する不信感も募らせていき、妻は、私への反発もあっ
たのでしょうが、ますますアムウェイに傾倒していったようでした。

どこにぶつけていいのか解らない怒り、アムウェイには不信感が大きくなってますからアムウ
ェイを認めるつもりはない。けれど、妻のやりたいことは認めてやりたい、どうすればいいの
か?些細なことでも、大きな言い争いを起こしてしまう。

私がアムウェイに対する不信感を大きくする材料には事欠きません。例えば、国民生活センタ
ーへの問合せ件数が、3年連続ワーストワンであるとか、同じアムウェイ製品のアメリカと日本
の値段の比較、自殺未遂があるとかないとか、中国で禁止になったとか、アムウェイで借金ま
みれになってしまった人たち、100%現金保証の落とし穴等です。次々と素晴らしいアムウェイ
に対する「おかしさ」を感じることは、どんどん集まっていくのです。

しかし、アムウェイの事を私に納得させるに足る事は全然ないのです。こう書くと私はアムウ
ェイの欠点ばかりを集めていると思われるかもしれません。出来れば納得したかったのですか
ら、納得できるような材料も集めようと努力は続けていたのですけど。